グルダ(読み)ぐるだ(英語表記)Friedrich Gulda

日本大百科全書(ニッポニカ)「グルダ」の解説

グルダ
ぐるだ
Friedrich Gulda
(1930―2000)

オーストリアのピアノ奏者、作曲家。ウィーン生まれ。ウィーン国立音楽大学でザイドルホーファーBruno Seidlhofer(1905―1982)に師事、1946年ジュネーブ国際コンクールで第1位となり、以後演奏活動に入った。バッハから現代まで幅広いレパートリーが特徴で、とくにジャズに関心を示し、ジャズを演奏し作曲するなど斬新的なピアノ奏者として高い評価を得て、バドゥラ・スコダ、イエルク・デムスとともに「ウィーンの三羽烏」とよばれた。その根底には、生地ウィーンの楽界の保守的な傾向に飽き足りない反逆の精神が流れ、バッハ、モーツァルト、ベートーベンをしばしば演奏したが、それらは現代的な感性で磨かれ、軽妙で楽しいものとなっていた。1967年(昭和42)初来日、1993年(平成5)に24年ぶりに再来日、演奏はテレビ放映された。

[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「グルダ」の解説

グルダ

オーストリアのピアノ奏者,作曲家。ウィーンに生まれ同地の音楽院に学ぶ。1946年ジュネーブ国際音楽コンクール音楽コンクール参照)で優勝し,同年ウィーンの楽友協会の演奏会にデビュー。1950年ニューヨーク,翌1951年ザルツブルク音楽祭にデビュー。J.S.バッハやモーツァルトから現代に及ぶ幅広いレパートリーに深い解釈をみせる一方,ジャズ・バンドも組みチック・コリアらと共演。クラシック音楽界の古い殻を破り,その後の世代の音楽活動に大きな影響を与えてきた。数多くのピアノ曲のほか,ジャズやロックのイディオムを盛り込んだ《チェロとブラスオーケストラのための協奏曲》(1981年)など,パロディ精神にあふれたユニークな作品が知られる。教え子アルヘリチなど。1967年に初来日。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)「グルダ」の解説

グルダ

ときとして「最後のウィーンのピアニスト」と呼ばれた。ジュネーヴ国際音楽コンクールで優勝後。ベートーヴェン等の古典派作品を中心としたレパートリーで活躍。その後1960ころよりジャズ演奏での活動を開始。以 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android