アオザメ(読み)あおざめ

日本大百科全書(ニッポニカ)「アオザメ」の解説

アオザメ
あおざめ / 青鮫

軟骨魚綱ネズミザメ目ネズミザメ科の属の総称、またはその1種の名称。アオザメ属Isurusは、尾びれの下葉がよく発達し、全体的に三日月形の尾びれをしていること、尾びれの付け根が縦扁(じゅうへん)し、その側方に1本のキール(隆起線)が発達すること、歯がナイフ形で、その両側に側尖頭(そくせんとう)がないことなどの特徴をもつ。アオザメ属にはアオザメI. oxyrinchusバケアオザメI. paucusの2種があるが、胸びれの長さなどで区別できる(アオザメは短く、バケアオザメは長い)。

 種としてのアオザメ(英名shortfin mako)はおもに外洋の表層に生息するが、ときに岸近くにも来遊する。高速で泳ぎ、釣り針にかかると空中にジャンプしたり、勢いで釣り船の中に飛び込んできたりする。全長4メートルほどになる。生殖方法は食卵型の胎生で、子宮内で自分の卵黄を吸収してしまうと、卵巣から補給される小形の栄養卵を摂食して成長する。産まれるときの大きさは約70センチメートル、1腹の胎仔(たいし)数は普通は10~18尾で、最大では25尾ほどである。肉はしまり、美味でステーキなどにされる。太平洋、インド洋、大西洋の暖海域に広く分布し、日本近海では南日本の太平洋側に多い。国際自然保護連合(IUCN)のレッド・リストでは、絶滅危惧(きぐ)種中の「危機」(EN)に指定されている(2021年9月時点)。

[仲谷一宏 2021年10月20日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「アオザメ」の解説

アオザメ

ネズミザメ科(アオザメ科)の大型のサメ。地方名アオ,アオヤギ,イラギなど。世界の温帯から熱帯にかけての外洋域に広く分布し,日本では太平洋側や東シナ海に多い。全長4mを超える。表層性でどう猛,肉食性で人間をも襲う。はんぺん等練製品原料として重要。イタリアではステーキとして賞味される。近似種に深海性のバケアオがあるが,肉質が劣る。
→関連項目鱶の鰭

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アオザメ」の解説

アオザメ
Isurus oxyrinchus

ネズミザメ目ネズミザメ科の海水魚。全長 4m。体は黒青色。全体が紡錘形で,吻は長くとがり,尾柄は縦扁する。胎生。非常に狂暴で人間にもを与える。肉はかまぼこなど練製品の原料とされる。全世界の暖海に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典「アオザメ」の解説

アオザメ

 [Isurus oxyrinchus].サメの一種食用にされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「アオザメ」の解説

アオザメ【mako shark】

ネズミザメ目ネズミザメ科の海産魚(イラスト)。体色が濃青色をしているところからこの名がある。世界の温帯から熱帯にかけての外洋域に広く分布し,日本では太平洋側や東シナ海に多い。尾びれの下葉が長く後縁が半月形で尾柄部に1本の隆起線があり,歯はきば状である。全長4mを超える。同属のバケアオが深海性であるのに対し,アオザメは表層性と著しい対照をなす。海水よりも高い体温をもち,魚類の中でもマグロ,カツオなみのスピードを出す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android