アイオノマー樹脂

栄養・生化学辞典「アイオノマー樹脂」の解説

アイオノマー樹脂

 イオノマー樹脂ともいう,ポリマー構造の間にイオン結合のある樹脂.エチレンとアクリル酸もしくはメタクリル酸共重合体アルカリ金属アルカリ土類金属が結合して架橋構造を形成している樹脂で,強くて弾性に優れている.加熱によってやわらかくなるので成形が可能.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android