青米(読み)あおまい

精選版 日本国語大辞典「青米」の解説

あお‐まい あを‥【青米】

〘名〙
① 実りが十分でなく、青みを帯びている。あおごめ。〔最新現代語辞典(1933)〕
② 収穫期に光沢のある緑色を示す玄米(つ)くことによって緑色は除かれ、味は完全米と変わらない。活青(いきあお)

あお‐ごめ あを‥【青米】

〘名〙 紺色を帯びた米粒。成熟度により葉緑素の残留する米をいう。年貢納入のときは砕米などと共に選別することを要求された。
※地方凡例録(1794)七「御年貢の儀、随分米症撰、荒砕、青米等の分撰出」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「青米」の解説

青米

 玄米が緑色にみえるコメで,開花が遅かったもみに葉緑素が残っているためにみられる現象.新米では新鮮さの指標とみられる場合もあるが,古米では質の悪いコメとみられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android