青木 恵一郎(読み)アオキ ケイイチロウ

20世紀日本人名事典「青木 恵一郎」の解説

青木 恵一郎
アオキ ケイイチロウ

昭和期の農民運動家 日本農民組合長野県連副会長。



生年
明治38(1905)年5月17日

没年
昭和63(1988)年2月10日

出生地
長野県更級郡稲里村中氷鉋(現・長野市)

学歴〔年〕
千葉高等園芸学校(現・千葉大学)〔大正14年〕卒

主な受賞名〔年〕
毎日出版文化賞〔昭和36年〕「日本農民運動史

経歴
日農東京出張所書記となり、木崎村争議などに参加。秋田県でも活躍し、昭和8年日農東京出張所長となる。その後、全農全国会議派の合法化運動をし、14年中国に渡って中支那合作社幹事となる。戦後は日農の再建に加わり、23年共産党に入党し、24年離党。32年日農連合会を結成して、第一線から退き、林業経営研究所員、東京教育大学講師などを歴任、農民運動史の研究に従事著書に「日本農業の特質危機」「日本農民組合史」「日本農民運動史」(全6巻)「長野県社会運動史」「農民運動資料集成」(全6巻)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「青木 恵一郎」の解説

青木 恵一郎 (あおき けいいちろう)

生年月日:1905年5月17日
昭和時代の農民運動家
1988年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android