赤肉(読み)せきにく

精選版 日本国語大辞典「赤肉」の解説

せき‐にく【赤肉】

〘名〙
赤色
※康頼宝物集(1179頃)下「白骨赤肉何か父母のならぬ物はある」
② 着物を着ない裸のままの肉体。あかはだか。まるはだか。
太平記(14C後)三九「嶺松風を含んで踰伽上乗のを顕はし、山花雲を籠めて赤肉中台のを秘す」 〔淮南子‐説林訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「赤肉」の解説

赤肉

 脂肪が少なく,筋膜などもよく取り除いた赤くみえる肉.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android