衛星政党(読み)エイセイセイトウ

デジタル大辞泉 「衛星政党」の意味・読み・例文・類語

えいせい‐せいとう〔ヱイセイセイタウ〕【衛星政党】

独裁体制の国などで、政権政党以外に存在が許され、体制に翼賛する小政党。少数民族特定職種などの利益をある程度代表するが、政権政党にあらがうことはない。内外からの独裁批判をかわすカムフラージュとして存在する場合が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android