石黒千尋(読み)いしぐろ ちひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「石黒千尋」の解説

石黒千尋 いしぐろ-ちひろ

1804-1872 江戸後期-明治時代の国学者。
文化元年9月16日生まれ。加賀金沢藩士。田中躬之(みゆき),鈴木重胤(しげたね),橘守部(たちばな-もりべ)にまなび,藩校明倫堂でおしえる。攘夷(じょうい)の風潮に抗して外国との通商の必要性を説いた。明治2年皇学講師。明治5年8月5日死去。69歳。通称は嘉左衛門。号は竹之舎。著作に「近世諸蕃(しょばん)来舶集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典「石黒千尋」の解説

石黒千尋 (いしぐろちひろ)

生年月日:1804年9月16日
江戸時代末期;明治時代の国学者
1872年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android