留岡 清男(読み)トメオカ キヨオ

20世紀日本人名事典「留岡 清男」の解説

留岡 清男
トメオカ キヨオ

昭和期の教育者,教育学者 元・北海道家庭学校校長;元・北海道大学教授。



生年
明治31(1898)年9月16日

没年
昭和52(1977)年2月3日

出生地
東京府北豊島郡巣鴨(現・東京都豊島区)

学歴〔年〕
東京帝大文学部哲学科〔昭和12年〕

経歴
社会事業家・留岡幸助の四男。東京農業大学、法政大学教授となったが、昭和4年父の病気で非行少年更生施設・北海道家庭学校を継ぎ、教育農場を運営。一段落の後、8年から城戸幡太郎に協力、雑誌「教育」を創刊、12年教育科学研究会を設立した。17年に大政翼賛会青年部副部長、翼賛青年団理事、18年日本出版会理事などを務めたが、戦後、家庭学校に復帰、校長、理事長に就任した。一方、27〜37年北海道大学教育学部教授、46〜47年北星学園女子短大学長、旭川大学教授などを歴任。北海道家庭学校は50年度社会福祉賞を受けた。著書に「生活教育論」「村づくりと人」「教育農場五十年」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「留岡 清男」の解説

留岡 清男 (とめおか きよお)

生年月日:1898年9月16日
昭和時代の教育者;教育学者。北海道家庭学校校長;北海道大学教授
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android