潮勢(読み)ちょうせい

精選版 日本国語大辞典 「潮勢」の意味・読み・例文・類語

ちょう‐せい テウ‥【潮勢】

〘名〙
① うしおの押し寄せる勢い。潮流の勢い。
※山陽詩鈔(1833)三・壇浦行「行循山勢之偕、驚看海門潮勢如奔雷」 〔就日録〕
② 世のなりゆき。時勢の傾向。風潮。
※薩長土肥(1889)〈小林雄七郎〉四藩政党「政海の潮勢漸く其力を殺ぎ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「潮勢」の意味・読み・例文・類語

ちょう‐せい〔テウ‐〕【潮勢】

潮の寄せる勢い。潮流の勢い。
時勢の傾向。風潮。「党派再編成の潮勢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「潮勢」の読み・字形・画数・意味

【潮勢】ちよう(てう)せい

潮の勢い。〔就日録〕(銭江潮の説)浙江は南は纂風よりし、北は嘉興よりし、山を夾(さしはさ)みて水闊(ひろ)く、下に沙(さたん)り、南北之れに亙(つら)なる。洪波礙し、勢を蹙遏(しゅくあつ)す。

字通「潮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android