市来 勉(読み)イチキ ツトム

20世紀日本人名事典 「市来 勉」の解説

市来 勉
イチキ ツトム

昭和期の歌人



生年
明治42(1909)年9月21日

没年
平成11(1999)年3月9日

出生地
東京

学歴〔年〕
高知商卒

経歴
昭和4年「相聞」に参加し、後に「立春」「蒼生」に参加。32年横田専一らと「橋」を創刊して発行人となる。歌集に「激流」「阿修羅」「楚歌」「天使と花」「桧扇の花」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android