学僧(読み)がくそう

精選版 日本国語大辞典 「学僧」の意味・読み・例文・類語

がく‐そう【学僧】

〘名〙
① 学徳のそなわった僧。学問に長じた僧侶
② 修学中の僧。学問を志している僧侶。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「プロテスタント〈略〉の宗門起て〈略〉寺院の学僧も窃に之を信仰せしかは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「学僧」の意味・読み・例文・類語

がく‐そう【学僧】

学問にすぐれた僧。
修学中の僧。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「学僧」の読み・字形・画数・意味

【学僧】がくそう

学問僧

字通「学」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の学僧の言及

【学侶】より

…学問僧,学僧,学生(がくしよう)ともいう。寺院の堂塔の管理や世俗的雑務に従事する堂衆や行人(ぎようにん)に対して,法会祈禱や学問修法に専念する僧侶を学侶と呼んだ。…

※「学僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)

イタリア系フランス人の天文学者。カシニともいう。ニース近郊に生まれ、ジェノバで聖職修業中に、ガリレイの弟子カバリエリに師事して数学・天文学を修得し、1650年25歳でボローニャ大学教授に任ぜられた。惑...

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android