原形質連絡(読み)げんけいしつれんらく

日本大百科全書(ニッポニカ) 「原形質連絡」の意味・わかりやすい解説

原形質連絡
げんけいしつれんらく

多細胞植物体の細胞間の細胞壁を貫く細い細胞質の糸、またはこれによる細胞間のつながりをいう。タングルTanglが発見(1879)した。太さ40ナノメートル前後で、両細胞の細胞膜がこれを通じてつながって細い管をつくり、その中を細胞質が通っている。物質とくに高分子物質の流通に役だっていると考えられる。

[佐藤七郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「原形質連絡」の意味・読み・例文・類語

げんけいしつ‐れんらく【原形質連絡】

〘名〙 原形質糸によって行なわれる、生体の細胞間における原形質の連絡。動物では上皮組織、結合組織に、植物では種子胚乳(はいにゅう)、葉の表皮、葉肉などにみられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「原形質連絡」の意味・読み・例文・類語

げんけいしつ‐れんらく【原形質連絡】

多細胞の植物体において、細胞壁を横切って細胞間の物質輸送を担う細い管。太さ約40ナノメートルプラスモデスムプラスモデスマータ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

侍ジャパンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android