剣術(読み)けんじゅつ

精選版 日本国語大辞典 「剣術」の意味・読み・例文・類語

けん‐じゅつ【剣術】

〘名〙
武術の一つ。刀剣を使って戦う術。剣法剣道
※武具要説(1577)「尤剣術を能つかひ、度々手に合たるは」 〔李白‐結客少年場行〕
② (①の稽古に用いる面に似ているところからいう) 「たぼさし(髱差)」の異称。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「剣術」の読み・字形・画数・意味

【剣術】けんじゆつ

剣技。晋・陶潜軻を詠ず〕詩 惜しい哉(かな)、劍疎にして 奇功らず

字通「剣」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉 「剣術」の意味・読み・例文・類語

けん‐じゅつ【剣術】

剣で戦う武術。剣法。→剣道
[類語]剣道剣法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「剣術」の意味・わかりやすい解説

剣術
けんじゅつ

剣道

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の剣術の言及

【剣道】より

…古代,《日本書紀》には〈多知加伎(たちかき)〉〈多知宇知(たちうち)〉とあり,〈撃刀〉という語も〈たちかき〉と訓じている。平安時代から鎌倉時代ころは〈太刀打(たちうち)〉,室町時代後期から江戸時代初期にかけては〈兵法(ひようほう)〉が多く用いられたが,江戸時代は〈剣術〉が最も多く,ほかに〈剣法〉〈刀法〉〈剣技〉などの名称も用いられた。明治時代は〈撃剣(げつけん)〉が多く用いられるようになる。…

【兵法】より

… 一方武芸としての兵法の諸流派も戦国時代末期以来隆盛に向かった。刀術(剣術)では,飯篠長威斎を流祖とする天真正伝神道流,上泉秀綱の神陰流,この門流の塚原卜伝の卜伝流,丸女蔵人の心貫流,柳生宗厳の新陰流,中条流に属する富田景政の富田流,丹石軒の丹石流などは比較的古い流派であり,戦国時代末から近世初頭にかけて古記録や古文書に記載があり,伝書も残されている。北畠具教や徳川家康,豊臣秀次らが刀術の免許を受けていたのは有名である。…

※「剣術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android