俘虜(読み)ふりょ

精選版 日本国語大辞典 「俘虜」の意味・読み・例文・類語

ふ‐りょ【俘虜】

〘名〙 戦争や武力紛争で敵にとらえられたもの。いけどり。とりこ。捕虜
※万国公法(1868)〈西周訳〉三「第三には俘虜互換の約」 〔晉書‐祖逖伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「俘虜」の意味・読み・例文・類語

ふ‐りょ【×俘虜】

戦争で敵軍にいけどりにされた者。とりこ。捕虜。
[類語]捕虜虜囚とりこ人質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「俘虜」の読み・字形・画数・意味

【俘虜】ふりよ

いけどり。魏・王粲〔七哀詩、三首、三〕行く反せず 出門、家と辭す 子弟、俘多し 哭泣、已(や)む時無し

字通「俘」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ボソン

ボース統計に従う粒子。ボース粒子ともいう。スピンが整数の素粒子や複合粒子はボソンであり,光子,すべての中間子,および偶数個の核子からなる原子核などがその例である。またフォノンやプラズモンのような準粒子...

ボソンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android