亜門(読み)あもん

精選版 日本国語大辞典「亜門」の解説

あ‐もん【亜門】

〘名〙 生物の分類学上、の下の段階の分類単位。動植物の分類学には七つの分類単位が使われているが、必要に応じて便宜的に各単位に「亜」という接頭語をつけて一段下の分類単位を設け、生物の類縁関係を詳しく表わそうとするもの。〔植物学語鈔(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「亜門」の解説

あ‐もん【亜門】

生物分類学上、必要な場合に、の間に設けられる単位。原索動物門を尾索動物亜門・頭索動物亜門に分けるなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android