亜塩素酸ナトリウム(読み)アエンソサンナトリウム

化学辞典 第2版「亜塩素酸ナトリウム」の解説

亜塩素酸ナトリウム
アエンソサンナトリウム
sodium chlorite

NaClO2(90.44).ジオキソ塩素酸ナトリウムともいう.工業的には,二化塩素ClO2を,還元剤(炭素亜鉛末など)の存在下,水酸化ナトリウムに吸収させてつくる.小規模には,亜塩素酸バリウムと硫酸ナトリウムとの複分解で得られる.無水物は単斜晶系結晶または薄片状で,[ClO2] は折れ線形構造.Cl-O5.64 Å.∠O-Cl-O108.6°.180~200 ℃ で分解.酸化力が強く,有機物が共存すると加熱により爆発する.わずかに潮解性で水に易溶.酸を加えるとClO2を発生する.繊維,食品などの漂白,水道水の殺菌などに用いられる.[CAS 7758-19-2]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

栄養・生化学辞典「亜塩素酸ナトリウム」の解説

亜塩素酸ナトリウム

 ClNaO2 (mw90.44).NaClO2.強い酸化力があり,漂白剤として用いられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android