中村 震太郎(読み)ナカムラ シンタロウ

20世紀日本人名事典「中村 震太郎」の解説

中村 震太郎
ナカムラ シンタロウ

明治〜昭和期の陸軍少佐



生年
明治30(1897)年7月4日

没年
昭和6(1931)年6月26日

出生地
新潟県

学歴〔年〕
陸士(第31期)〔大正8年〕,陸大〔昭和3年〕卒

経歴
歩兵第58連隊付となり、陸士教官を経て、昭和3年大尉に進級。5年参謀本部付(兵站班勤務)、6年参謀本部員となる。同年満蒙作戦計画立案のため、兵要地誌調査の目的で変装して東部蒙古を旅行中、中国の屯墾軍によって殺害された。死後少佐に進級。この事件は軍部により「中村大尉事件」として喧伝されたため国内の排外主義的運動は高揚し、関東軍による満蒙武力占領の口実となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「中村 震太郎」の解説

中村 震太郎 (なかむら しんたろう)

生年月日:1897年7月4日
明治時代-昭和時代の陸軍軍人。少佐
1931年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android