ンズワニ島(読み)ンズワニとう(英語表記)Île de Ndzuwani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ンズワニ島」の意味・わかりやすい解説

ンズワニ島
ンズワニとう
Île de Ndzuwani

旧称アンジュアン Anjouan島。コモロ東部の島。ほぼ三角形をなし,中央に火山性のンティングイ山 (1595m) がそびえる。かつてはアラブの支配下にあり,奴隷市で知られた。 1506年イスラム教徒のスルタンの小王朝がつくられ,コモロ諸島全域を支配。 1886年フランス保護領の一部となった。主産物はコーヒー,バニラコプラ,香油用植物など。中心地は北西岸のムツァムドウ。面積 424km2。人口 12万 3000 (1980推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉 「ンズワニ島」の意味・読み・例文・類語

ンズワニ‐とう〔‐タウ〕【ンズワニ島】

Ndzuwani》⇒アンジュアン島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android