テープレコーダ(英語表記)tape recorder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「テープレコーダ」の解説

テープレコーダ
tape recorder

磁気録音機。音の変化を磁気の変化に変え,磁気テープで記録・再生する装置。 1898年にデンマークの V.ポールセンワイヤ (鉄線) を使ったレコーダを発明したのに始る。マイクロホンから導かれた音声を,録音ヘッドの巻線を通して,一定の速さで走るテープ上に,音声電流に応じた残留磁気を発生させて録音する。またこのテープを,録音のときと同じ方向に,同じ速度で走らせ,再生ヘッドによってテープから信号を読出し,増幅して再生する。スピーカを鳴らすための増幅装置を内蔵していないものをテープデッキ tape deckという。録音,再生,消去が簡単にできるので広く普及しており,放送局用から家庭用まで各種のものがある。録音形式にはモノラル用のほかステレオ用があり,使用する磁気テープによって,オープンリール,カセットマイクロカセットなどのタイプがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android