チェトビョルトゥイクリリスキー海峡(読み)チェトビョルトゥイクリリスキーかいきょう(英語表記)Chetvërtyi Kuril'skii proliv

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェトビョルトゥイクリリスキー海峡
チェトビョルトゥイクリリスキーかいきょう
Chetvërtyi Kuril'skii proliv

ロシア東部,千島列島北部,オネコタン島パラムシル島の間にある海峡。幅約 50km。オホーツク海とカムチャツカ半島東岸の間を往来する船舶が最も頻繁に利用する海峡で,ロシア南東端部のウラジオストク,ナホトカを同北西端部のアルハンゲリスク,ムルマンスクと結ぶ航路,また北アメリカ西岸と結ぶ航路もこの海峡を通る。「第4クリル海峡」の。第2次世界大戦前の日本領時代には温禰古丹 (おんねこたん) 海峡と呼ばれ,北千島と中千島のとなっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android