コルク樫(読み)コルクがし

精選版 日本国語大辞典「コルク樫」の解説

コルク‐がし【コルク樫】

〘名〙 ブナ科の常緑大高木。南ヨーロッパから北アフリカにかけて分布し、明治初年に日本にも渡来した。高さ一五メートルぐらいになる。には厚いコルク質の樹皮があり、小枝には黄色い毛を密生する。葉は革質、長さ三~七センチメートルの楕円形で縁はあらい歯牙(しが)があり、裏面には灰白色の軟毛を密生。花は尾状花序果実は長さ一~四センチメートルの卵状球形で下部殻斗(かくと)に包まれる。樹皮からコルクをとる。コルクの木。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「コルク樫」の解説

コルク‐がし【コルク×樫】

ブナ科の常緑高木。葉は硬く、長楕円形。5月ごろ花をつけ、秋にを結ぶ。地中海沿岸地方に多く、樹皮の厚いコルク層から良質のコルクがとれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android