キノジメタン

化学辞典 第2版 「キノジメタン」の解説

キノジメタン
キノジメタン
quinodimethane

キノンの酸素原子をメチレン基に置換した構造をもつ化合物の総称.o-ベンゾキノジメタンは反応性に富み,オレフィン付加環化反応してテトラヒドロナフタレン誘導体となる.p-ベンゾキノジメタン誘導体としてテトラシアノキノジメタン(TCNQ)がある.TCNQはすぐれた電子受容体を示し,種々の有機導電体原料として用いられている.非常に不安定なm-キノジメタンは基底三重項ジラジカルであり,トリチレンメタンとともに高スピン有機分子の重要な基本骨格である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ボソン

ボース統計に従う粒子。ボース粒子ともいう。スピンが整数の素粒子や複合粒子はボソンであり,光子,すべての中間子,および偶数個の核子からなる原子核などがその例である。またフォノンやプラズモンのような準粒子...

ボソンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android