カンプ(読み)かんぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典「カンプ」の解説

カンプ

カラー印刷の仕上がり見本のことで、カラーカンプとも呼ぶ。デザインの段階で、企画どおりの仕上がりであるか確認し、クライアント承諾を得るために用いられる。手作業で簡単に作成する場合や、ページレイアウトソフトで作成し、カラープリンターで出力する場合がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「カンプ」の解説

カンプ

〘名〙 (comprehensive 「包括的な」から) デザイナーなどが、ポスターなどの完成品の感じを相手に伝えるために用意するプラン。どのようなレイアウトにどんなコピーを使うかの大まかなデザイン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「カンプ」の解説

カンプ

《comprehensive layoutの》広告主の承認を得るため、完成に近い形で描かれた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android