ウズオビムシ

百科事典マイペディア「ウズオビムシ」の解説

ウズオビムシ

鞭毛(うずべんもう)虫目ウズオビムシ科の原生動物総称。ウズオビムシ類とツノオビムシ類とが含まれる。体は円形,西洋ナシ形や(いかり)形で,隆起板が体の中央をとりまく。殻長30〜500μm。海,池,湖でプランクトン生活をし,海生のものはときに異常増殖を行って赤潮主因となるものがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ウズオビムシ」の解説

ウズオビムシ
Peridinium

原生生物界アルベオラータ門ウズオビムシ科ウズオビムシ属に含まれる種類の総称。体の輪郭は五角形で,表面は多くの殻板で覆われる。殻板には縦溝と横溝があり,それぞれに 1本ずつ鞭毛が入っている。淡水産と海産のものがあり,浮遊生活を行なっているが,まれに 1種が異常に増殖して赤潮になることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android