イブン・ハンバル(読み)いぶんはんばる(英語表記)Amad Ibn anbal

日本大百科全書(ニッポニカ) 「イブン・ハンバル」の意味・わかりやすい解説

イブン・ハンバル
いぶんはんばる
Amad Ibn anbal
(780―855)

イスラム教スンニー派の四大法学派の一つ、ハンバリー学派の創始者。バグダードでイスラム諸学を学ぶ。彼の法学は、コーランおよび預言者ムハンマド(マホメット)の言行を伝えるスンナ(範例)に字義どおりに従うことを強調する。アッバース朝のカリフ、マームーンが合理主義的なムゥタジラ派神学を公認教義と定め、他の教説を異端として弾圧した際にも、ムゥタジラ派の主張するコーラン被造説を、伝統主義の立場からあくまで承認せずに獄に下った。

[鎌田 繁 2018年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「イブン・ハンバル」の意味・わかりやすい解説

イブン・ハンバル
Ibn Ḥanbal

[生]780.11. バグダード
[没]855.7.31. バグダード
イスラムの伝承学者,法学者。イスラム法の四大学派のうちのハンバル派の祖とされる。 810~813年シャーフィイーにつき法学を学ぶが,師のシャーフィイーより伝承に固執した。 833年カリフ,マームーンの異端審問に抗して投獄される。預言者ムハンマドの言行 (ハディース) を約3万項目にもわたって『ムスナド』 Musnadに集録。ハンバル派はイブン・ハンバルの死後成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エルニーニョ現象

《El Niño events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より高くなる現象。発生海域のみならず、世界的な異常気象の原因となる。逆に海水温が下がるラニーニャ現象も...

エルニーニョ現象の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android