TAE制度(読み)TAEせいど/たえせいど/てぃーえーいーせいど(英語表記)fisheries management by TAE system

知恵蔵「TAE制度」の解説

TAE制度

漁船の隻数や操業日数、投網回数などの漁労作業の量を漁獲努力量というが、魚種ごとに投入する総漁獲努力可能量(TAE:total allowable effort)を定めることによって、資源の管理と保存を図ろうとする制度。TAC(TAC制度)の設定には、資源量の予測やMSY(最大持続生産量:資源を損ねずに毎年持続可能な最大の漁獲量)の解析など高度な科学的知見が必要であり、対象魚種を増やしていくのは容易ではない。そこで、資源量の推定や予測が現状では困難な魚種であっても、漁獲量の減少、漁獲物の小型化が著しい特定資源に対しては、漁獲努力量を制限することにより資源回復と保存を図る。現在、イカナゴマツカワ(北海道海域)、キチジイシガレイマサバ(東北太平洋海区)、キンメダイ(伊豆七島周辺)、アカガレイ(日本海西部)、トラフグ(太平洋・九州西部)、ハタハタ、マガレイ(日本海北部)、サワラカタクチイワシ(瀬戸内海)などについて資源回復計画が策定され管理の対象になっている。

(榎彰徳 近畿大学農学部准教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android