高橋東洋(読み)たかはし とうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「高橋東洋」の解説

高橋東洋 たかはし-とうよう

1700-1781 江戸時代中期の儒者
元禄(げんろく)13年4月14日生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士。宮古代官につかえる。井上蘭台親交があった。天明元年8月14日死去。82歳。名は長煕。字(あざな)は子績。通称は判左衛門。別号に東陽。著作に「奥州南部封域志」「沢内風土記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android