青木 楠男(読み)アオキ クスオ

20世紀日本人名事典「青木 楠男」の解説

青木 楠男
アオキ クスオ

昭和期の官僚,土木工学者 本州四国連絡橋公団顧問;早大名誉教授。



生年
明治26(1893)年7月23日

没年
昭和62(1987)年3月18日

出生地
高知県

出身地
秋田市

学歴〔年〕
東京帝大工科大学土木工学科〔大正7年〕卒

学位〔年〕
工学博士

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和35年〕,勲三等旭日中綬章〔昭和40年〕,土木学会功績賞〔昭和42年〕,勲二等瑞宝章〔昭和45年〕

経歴
内務省に入省。戦後、昭和21年早大教授に就任。39年名誉教授。著書に「鋼橋工作と其監督」「橋梁工学」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「青木 楠男」の解説

青木 楠男 (あおき くすお)

生年月日:1893年7月23日
昭和時代の官僚;土木工学者。早稲田大学教授
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android