苦学(読み)くがく

精選版 日本国語大辞典 「苦学」の意味・読み・例文・類語

く‐がく【苦学】

〘名〙
① 苦労を重ね、苦心して学問をすること。
※扶桑集(995‐999頃)七・重賦文字〈源英明〉「苦学寧如奢不一レ学。冬冰莫使夏虫聞」 〔宋史‐鄭侠伝〕
② 学生が、働いて学資をかせぎながら勉強すること。
※雲は天才である(1906)〈石川啄木〉二「君は慥か苦学して居る筈だったが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「苦学」の意味・読み・例文・類語

く‐がく【苦学】

[名](スル)
苦労を重ねて学問をすること。
「何の為めに―するかと云えば」〈福沢福翁自伝
働いて学資や生活費を作りながら勉強すること。「苦学して大学を卒業する」「苦学生」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「苦学」の読み・字形・画数・意味

【苦学】くがく

苦労して学問する。唐・李商隠〔詠懐、秘閣旧僚に寄す、二十六韻〕詩 頭を懸(あ)げて曾(かつ)て學し 臂(ひぢ)を折りて反つて

字通「苦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android