膨らむ(読み)フクラム

デジタル大辞泉 「膨らむ」の意味・読み・例文・類語

ふくら・む【膨らむ/×脹らむ】

[動マ五(四)]
物が、からの力で丸みをもって大きくなる。ふくれる。「木のが―・む」「かばんが―・む」
考えや希望が広がって大きくなる。「計画が―・む」「夢が―・む」
[動マ下二]ふくらめる」の文語形
[用法]ふくらむ・ふくれる――「もちがふくらむ(ふくれる)」「ポケットがふくらむ(ふくれる)」など、内から外に向かって大きくなるでは通じて用いられる。◇「ふくらむ」はふつう、自然にやんわりと大きくなることをいい、「つぼみがふくらむ」「夢がふくらむ」では「ふくれる」は使わない。◇「ふくれる」には、異常な原因で大きくなるという意があり、この意味では「はれる」と相通ずる。「ねんざして足首がふくれる(はれる)」
[類語]膨れる膨らます膨らす咲く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android