相見 香雨(読み)アイミ コウウ

20世紀日本人名事典「相見 香雨」の解説

相見 香雨
アイミ コウウ

大正・昭和期の美術史学者



生年
明治7年12月1日(1874年)

没年
昭和45(1970)年6月28日

出生地
島根県松江市

本名
相見 繁一

学歴〔年〕
東京専門学校(現・早稲田大学)卒

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和36年〕

経歴
松江新報の編集に従事。明治40年「東洋美術大観」の編さんに携わり、古美術の研究に入った。43〜大正元年ロンドン、パリに留学、帰国後審美書院の事実上の責任者となり、「群芳清玩」などを刊行。昭和元年日本美術協会に入り、美術品の収録に従事。27年文化財保護委員会美術工芸部門専門審議会委員となった。36年美術史学研究の功績で紫綬褒章を受章した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android