相生 松五郎(読み)アイオイ マツゴロウ

20世紀日本人名事典「相生 松五郎」の解説

相生 松五郎
アイオイ マツゴロウ

明治・大正期の力士(大阪相撲大関)



生年
明治15(1882)年12月11日

没年
大正11(1922)年3月16日

出身地
和歌山県和歌山市

本名
川口 清一郎

経歴
明治37年大阪相撲に入門し、40年大関に昇進。44年2月東京に移って小結格で初土俵を踏み、関脇に進んだが、大正2年再び大阪に戻って大関に返り咲いた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android