牧畜民(読み)ぼくちくみん(英語表記)pastoral people

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「牧畜民」の意味・わかりやすい解説

牧畜民
ぼくちくみん
pastoral people

生業の基盤を牧畜におく人々。中近東,中央アジアを中心として,ヨーロッパからヒマラヤ山脈地帯,アフリカのサハラ周縁部,南米のアンデス山岳地帯など比較的乾燥した地域に住む。主としてヒツジ,ヤギ,ロバ,ウマ,ラクダ,トナカイ,リャマ,アルパカといった群居性の有蹄類を家畜として飼育し,その乳や肉,毛,皮などを利用するとともに,運搬用としても活用する。牧畜民の多くはかたわらで農耕も営み,農耕集落を定めたうえで遊牧のための季節的移動をする場合も多い。 (→遊牧民 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の牧畜民の言及

【家畜】より

…まさに無名なる存在なのである。それに対して牧畜民は,性,年齢,経産の有無,乳産の有無,去勢の有無等生理的特徴に応じて群内個体を類別的に弁別し指示する名称群をもっている。また搾乳による母子介入という点からも,母子系列が注目され,東アフリカの例にもみられるように,その系列ごとに固有名が付されることもある。…

※「牧畜民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android