母体(読み)ぼたい

精選版 日本国語大辞典「母体」の解説

ぼ‐たい【母体】

〘名〙
親の体。母のからだ。
※門(1910)〈夏目漱石〉一三「腹の児〈略〉が直(すぐ)取り出されない以上、母体(ボタイ)は今日迄平気に持ち応へる訳がなかった」
② 発展してきたもの、特に、組織・思考などの分かれてきたものの、もととなるもの。現在の形の基盤となったもの。また、物事の基本となるもの。
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉遊覧の東京「あの大震災はその年中行事の母体である下町の旧観を台無しにして了った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「母体」の解説

ぼ‐たい【母体】

母親のからだ。「母体の保護」
発展してきたものの、もとになるもの。「運動の母体となる市民団体」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「母体」の解説

【母体】ぼたい

母の身。

字通「母」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android