松田毅一(読み)まつだ きいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「松田毅一」の解説

松田毅一 まつだ-きいち

1921-1997 昭和後期-平成時代の日本史学者。
大正10年5月1日生まれ。スペインで日欧交渉史を研究。昭和36年清泉女子大教授,47年京都外大教授。フロイスの「日本史」(共訳)で菊池寛賞,毎日出版文化賞をうけた。平成9年5月18日死去。76歳。香川県出身。上智大卒。著作に「南蛮史料の発見」「天正遣欧使節」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android