坂本 清馬(読み)サカモト セイマ

20世紀日本人名事典「坂本 清馬」の解説

坂本 清馬
サカモト セイマ

明治〜昭和期の社会運動家 大逆事件被告



生年
明治18(1885)年7月4日

没年
昭和50(1975)年1月15日

出生地
高知県室戸市

別名
号=坂本 克水

経歴
明治39年上京、砲兵工廠の警夫となり、翌年幸徳秋水の書生。41年「熊本評論」記者。同年錦輝館赤旗事件が発生、帰京して幸徳方に寄食したが、意見の対立で飛び出し各地を放浪。43年再上京、下谷の佐藤庄太郎方を訪ね、爆裂弾の製法を尋ねた。これだけの理由で同年逮捕され、44年1月18日、幸徳らと共に大逆罪で死刑判決(大逆事件)。特赦無期懲役に減刑され秋田刑務所で服役。昭和9年仮出所、22年特赦で復権、26年高知県中村町会議員。獄中から再審請求したが果たさず、36年刑死した森近運兵の妹栄子と連名で正式に再審請求したが40年棄却、特別抗告も42年に棄却された。著書に「大逆事件に生きる」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「坂本 清馬」の解説

坂本 清馬 (さかもと せいま)

生年月日:1885年7月4日
明治時代-昭和時代の社会運動家;政治家。高知県中村町会議員
1975年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android