伊東 茂光(読み)イトウ シゲミツ

20世紀日本人名事典「伊東 茂光」の解説

伊東 茂光
イトウ シゲミツ

大正・昭和期の教育家,弁護士



生年
明治19(1886)年7月27日

没年
昭和41(1966)年12月10日

出生地
鹿児島県

学歴〔年〕
京都帝国大学法科大学〔大正6年〕

経歴
大正5年京大在学中に宇治小学校の代表教員を務め、部落問題関心を持つ。卒業後も京大附属図書館に勤めながら部落の青年らと交流した。9年京都市の崇仁小学校長に迎えられ、昭和21年2月までの約25年間在任し、部落解放教育を実践した。勤労教育、共同作業による学校園、職業指導のための印刷部の創設、また障害児との統合教育の試み、さらに京都市に初の学校給食を実施させるなど、部落問題が提起する教育上の課題に真っ向から取り組んだ。退職後の22年京都で弁護士を開業、部落差別事件を手がけ、家庭裁判所調停委員などを務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「伊東 茂光」の解説

伊東 茂光 (いとう しげみつ)

生年月日:1886年7月4日
大正時代;昭和時代の教育家;弁護士
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android