ムハリ(木華黎)(読み)ムハリ(英語表記)Mukhali

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ムハリ(木華黎)」の解説

ムハリ(木華黎)
ムハリ
Mukhali

[生]1170
[]1223
モンゴル帝国の武将。四傑の一人。ジャライル部の人。初めジュルキン氏に従属したが,チンギス・ハンに討滅されたとき父に連れられて来降。以来チンギス・ハンケレイト部との決戦などに活躍し,1206年モンゴル帝国成立後,ボオルチュ (孛斡児出)と並ぶ最大臣として,興安嶺方面のモンゴル軍を管轄する万戸長に任じられ,ダルハン (荅剌罕)の資格も与えられた。 11年からの金国征討にも功を立て,17年大師国王の称号を与えられ,新占領地の漢地を経営する全権司令官である都行省承制行事に任じられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android