ハートレー第二彗星(読み)ハートレーダイニスイセイ

デジタル大辞泉 「ハートレー第二彗星」の意味・読み・例文・類語

ハートレー‐だいにすいせい【ハートレー第二×彗星】

1986年、オーストラリアマルコム=ハートレーが発見した短周期彗星公転周期は約6.5年。2010年の大接近時にかすかに肉眼で観測できるほどの明るさになった。また、米国の彗星探査機エポキシ(旧称ディープインパクト)が約700キロメートルにまで接近し、中心核を観測した。ハートレー彗星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android