ヌーボーケベック(英語表記)Nouveau-Québec

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ヌーボーケベック」の意味・わかりやすい解説

ヌーボーケベック
Nouveau-Québec

カナダ,ケベック州北部の行政上の地区名。かつては,イーストメーン川チャーチル川を結ぶ線より北側の地域をさしたが,1927年ケベック州とニューファンドランド州の州境が確定してからは,ケベック州の部分のみをいうようになった。アンゲーバともいわれる。 1967年からケベック市が統治している。ケベック州の 10の地区のうち,面積は最大だが人口は最も少ない。1月の平均気温-26~-18℃で寒さは厳しく,北部はツンドラ地域南部は針葉樹林帯への漸移帯となっている。ニューファンドランド・ラブラドル州との州境に沿って莫大な鉄鉱石が埋蔵されており,1950年代からシェファービルを中心に開発されている。人口3万 6000 (1985推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android