テーオドーア ネルデケ(英語表記)Theodor Nöldeke

20世紀西洋人名事典「テーオドーア ネルデケ」の解説

テーオドーア ネルデケ
Theodor Nöldeke


1836.3.2 - 1930.12.25
ドイツのセム語学者,イスラム研究者。
元・シュトラースブルク大学教授。
ハーアブルク生まれ。
ウィーンライデンゴータベルリンで東洋諸語の写本研究に従事。1860年刊の「コーランの歴史」でイスラム聖典の文献学的研究の基礎を築いた。その後「マンデ語文法」(1875年)、「シリア語小文法」(1880年)、「セム諸語」(1887年)等を刊行。1861年キール大学私講師となり、1864年同員外教授、1868年同教授となる。1872〜1906年までシュトラースブルク大学教授を務める。その他の著書にエッセー集「東方のスケッチ」(1892年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典「テーオドーア ネルデケ」の解説

テーオドーア ネルデケ

生年月日:1836年3月2日
ドイツのセム語学者
1930年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android