カール デーニッツ(英語表記)Karl Doenitz

20世紀西洋人名事典「カール デーニッツ」の解説

カール デーニッツ
Karl Doenitz


1891.9.16 - 1980.12.25
ドイツの海軍軍人
元・ドイツ総統兼国防軍総司令官。
ベルリン生まれ。
1910年海軍に入隊し、第一次大戦では地中海方面で潜水艦長として従軍。後に撃沈され、イギリス軍の捕虜となる。’36年潜水艦隊司令官を経て、’43年海軍総司令官に昇進。’45年自殺直前のヒトラーから後継の総統兼国防軍総司令官に指名される。その後ドイツ軍の無条件降伏を命令し、同年他の政府官僚と逮捕され、翌年禁固10年のに処せられる。’56年刑期を終了し、シュパンダウ刑務所から釈放される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典「カール デーニッツ」の解説

カール デーニッツ

生年月日:1891年9月16日
ドイツの海軍軍人
無年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android