ウラン転換(読み)ウランテンカン

デジタル大辞泉 「ウラン転換」の意味・読み・例文・類語

ウラン‐てんかん〔‐テンクワン〕【ウラン転換】

天然ウランを精錬したイエローケーキ弗素ふっそまたは弗化水素と反応させて六弗化ウランを作ること。ガス状の六弗化ウランはガス拡散法ガス遠心分離法を経て濃縮ウランになる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android