アブランシュ(英語表記)Avranches

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アブランシュ」の解説

アブランシュ
Avranches

フランス北西部,ノルマンディー地方,マンシュ県の港町,保養地。セー川河口三角江にのぞむ魚介類,家畜市場町で,メリヤス,銅器製造なども行われる。ガロ・ローマ時代からの町で,ラプラットフォルムと呼ばれる広場には,イングランド王ヘンリー2世が,カンタベリー大司教トマス・ベケット暗殺を懺悔してひざまずいた 12世紀の舗石がある。第2次世界大戦末期,連合軍のノルマンディー上陸作戦では,パットン中将指揮下のアメリカ第3軍が,ドイツ軍の包囲網の突破口を開いた町。人口 9462 (1982) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android