VAR(読み)ブイエーアール

デジタル大辞泉「VAR」の解説

ブイ‐エー‐アール【VAR】[video assistant referee]

video assistant refereeサッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用意されたモニターで当該場面を見直したうえで判定を下す。ビデオアシスタントレフェリー。
[補説]2018年開催のロシアワールドカップ(W杯)本大会で初めて正式に導入された。映像での検証時機や、選手・監督からは判定を求めることが認められていないなど、他のスポーツのビデオ判定とは異なる部分がある。→ビデオ判定

バー【VAR】[value-added reseller]

value-added resellerデータベースなどの既存のソフトやシステムをカスタマイズして、ユーザーの使用目的に合わせた専用システムを構築して再販をする業者のこと。付加価値再販業者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「VAR」の解説

VAR

付加価値再販業者。ハードウェアソフトウェアに付加価を付けて販売する業者のこと。具体的には、複数のハードウェアを組み合わせてシステムを構築したり、特定業務で使用できるようにソフトウェアをカスタマイズしたりして販売する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵「VAR」の解説

VAR

バリュー・アット・リスク」のページをご覧ください。

VaR

バリュー・アット・リスク」のページをご覧ください。

VAR

ビデオ・アシスタント・レフェリー」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内のVARの言及

【コンデンサー】より

… 電力用コンデンサーの構造は,信頼性,経済性,低損失などの要望を満たすものとして,クラフト紙とポリプロピレンフィルムとアルミ箔を反物状に巻き込み,鉄の容器に収納し,電気絶縁油で含浸されたものであり,原理的には,テレビなどのプリント配線の中に使用されている小型の巻込形コンデンサーと同じである。 外国の電力用コンデンサーの1台当りの進相容量は,200~300kvar(バールvarは無効電力の単位)以下のものを多数直列・並列に接続して使用しているが,日本の電力用コンデンサーの1台当りの容量は1000~2万kvarと非常に大型である。これは,日本では高信頼度の大容量コンデンサーの製造技術が進歩していて故障が非常に少ないからである。…

【バール】より

…(2)無効電力の単位。volt ampere reactiveの頭文字をとって,記号varで表す。【大井 みさほ】。…

※「VAR」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android