Na+K+ATPアーゼ

栄養・生化学辞典「Na+K+ATPアーゼ」の解説

Na+K+ATPアーゼ

 ナトリウム-カリウムATPアーゼともいう.細胞内外のナトリウムイオンとカリウムイオンの濃度勾配を維持する機能をもつ酵素で,ATPのエネルギーを使ってナトリウムイオンを細胞膜を横切って細胞外へ輸送し,一方,カリウムイオンを細胞内へと輸送することによって,これらのイオンの細胞内外の濃度勾配を維持する.ウワバインはこの酵素の特異的阻害剤

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android