90式戦車(読み)きゅうまるしきせんしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「90式戦車」の解説

90式戦車
きゅうまるしきせんしゃ

防衛庁が 1977年から 10年あまりの歳月をかけて開発し,90年に採用が決った陸上自衛隊主力戦車。ハイテク技術を駆使,日本の戦車で初めて滑腔砲複合装甲取入れ,自動装填装置も導入している。反面重量が 74式戦車の 38tから 50tに増加しており,移動に制約を受ける面もある。主要目は,乗員3,全備重量 50t,全長 9.8m,最高時速 70km,行動距離 340km,武装 120mm滑腔砲1,12.7mm重機関銃1,7.62mm機関銃1。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android