7号機関車(読み)ななごうきかんしゃ

事典 日本の地域遺産「7号機関車」の解説

7号機関車

(静岡県熱海市田原本町11-1 熱海駅前)
鉄道記念物」指定の地域遺産。
1908(明治41)年~1923(大正12)年まで、熱海軽便鉄道の熱海―小田原間を走った機関車。アメリカ・ボールドウィン機関車工場製の1号機関車モデルに日本で製造されたもの

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android