鼠色(読み)ねずみいろ

色名がわかる辞典「鼠色」の解説

ねずみいろ【鼠色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「灰色」としている。一般に、ネズミ科ネズミの体毛のような濃い灰色のこと。江戸時代、奢侈しゃし禁止令により染色の色が制限されたなかで茶色系統、鼠色系統、紺色系統は許されたとされるほど、ポピュラーな色であった。そして「四十八茶百鼠しじゅうはっちゃひゃくねず」といわれるように多くの派生した色を生み出した。藍鼠あいねず梅鼠うめねず銀鼠ぎんねず茶鼠ちゃねずみ利休鼠りきゅうねずみなどが代表的。このため、まじりけのない鼠色を素鼠すねずみともいった。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「鼠色」の解説

ねずみ‐いろ【鼠色】

〘名〙
① 青みがかった淡黒色。灰色。にびいろ。ねず。
※虎明本狂言・察化(室町末‐近世初)「ねずみ色なとりの、まつこれほどな大きさでおじゃる」
② (黒白がはっきりしないところから) 態度主張所属などがあいまいなもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鼠色」の解説

ねずみ‐いろ【×鼠色】

ネズミ毛色のような淡黒色。灰色。ねず。「鼠色の目立たないスーツ」
[類語]灰色グレー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android